ブログトップ

あ~した天気になぁ~れ♪

山のこと。野生動物のこと。花のこと・・・etc   感じた記憶の週末日記


by yukki6727
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

武利岳 【 初登頂 2014 】№1

f0054366_15534959.jpg

腰抜山岳会さんとのコラボ企画 第2弾

第1弾は4月の海別岳
(正確には一緒には登れなかったけど…(^-^;)
今回は武利岳に登ってきました

腰抜山岳会さんと一緒に行く登山ですから
そりゃ容易いお山じゃないことは覚悟の上です

が、想像以上に細くて長い尾根歩き
ハラハラドキドキでヘタレ全開でしたが
最後は危険な香りいっぱいの武利岳
惚れてしまいました♡







2014年6月21日(土) くもり


腰抜山岳会といいながら仁頃山では健脚でその名が知れ渡る程の皆さんです

そんな方々とヘタレの私がコラボするのですから
またしても迷惑をかけてしまうのではないかと
前夜は眠れず…(小心者

f0054366_15513388.jpg
朝7時集合で武利岳にむけて出発です

今日のお天気予報は1日中曇り
曇り空ながらも青空が見えそうな感じも…
道中正面に武利岳がちらっと姿を見せてくれました


車はどんどん山奥へと走ります
masaと今までで一番、山深い感じの林道だね~
なんて呑気な会話をしていましたが
まさしくこの先の登山道を暗示するようなダートな道でした

登山口に到着、支度を整え出発です
今日はtoさんを先頭に私、masa、teさん、kaさんと5名です

f0054366_15514219.jpg
まず1合目までは作業道を歩きます


歩きだして早々に熊さんの落し物発見
そんなに新しい感じでもなかったのでちょっと安心
北海道だもの、どこにでも熊さんはいるよね



途中倒木などありますが歩きやすい道です
1キロ位歩くと
f0054366_15514811.jpg
ここまでで、作業道はおしまい

ここからが、本格的な登山道に入ります
樹林帯の中をしばらく歩きます


f0054366_15515562.jpg
今日の私は元気です!!
被写体ブレしちゃうほどの猛スピードで登っていきます(なんちゃって…
登山道はなかなかの急登です


f0054366_15520641.jpg
スロースターターの私はすぐに息をあげてしまうので、
腰抜けさんたちは細心の気を使ってくれて、
ちょいちょい休憩を入れてくれます
ありがたい♪



f0054366_15521849.jpg
マイナスイオンたっぷりで空気が美味しい♪


f0054366_15525790.jpg
そして登山道は自然いっぱいで
川口探検隊な感じです(古っ
知らない人の方が多いかも・・(年がバレるwww


f0054366_15522576.jpg
3合目到着


f0054366_15525145.jpg
オホーツク方向うっすらと雲が切れてきました
今日は午後からの方がまだお天気が良いはず…
山頂に着く頃には晴れてくれるかな~??
なんて話ながら歩きます


f0054366_15530395.jpg
この山はずっと合目標識がついているのでわかりやすいです

toさん行っちゃってますよ
はいはい、サボってないで歩きなさい!!(笑




f0054366_15531019.jpg
進行方向も雲が切れてきました
天気になぁ~れ♪



f0054366_15531599.jpg
ハクサンチドリ
4合目過ぎから花が登場しだします


f0054366_15532172.jpg
そしてmasaが「 yukki,青空が見えるよ♪」と…

見上げると青空が見えています.
ちょっとでも晴れ間が見えると嬉しくなりますね
そして、なんだかウコンウツギもいつもより可愛く見えちゃいます♪


f0054366_19033071.jpg
ミネカエデの花


f0054366_15532677.jpg
ホシガラス
ホッシーは子育て中
私達を警戒して、ずっとギャーギャー鳴いてきます

ごめんね。ちょっとお邪魔しますよ
何もしないから通してね♪


f0054366_15535750.jpg
そんなこんなで、5合目
半分来ました♪


f0054366_15533965.jpg
お隣の武華岳が姿を出し始めました♪

あれは2年前かな?
武華岳の下山で捻挫をしてしまった苦い思い出があります
あの時も曇のお天気
木の根に足を滑らせて転倒
足が根っこに挟まって捻って捻挫してしまったのです。
今日も同じような条件です
気をつけねばなりません

f0054366_19332357.jpg
イソツツジは咲き始め…


f0054366_19424353.jpg
いつもの花達ですがやっぱり花って癒されますね


f0054366_15534959.jpg
さぁここからはアクティブな登山の始まりだよ~♪
この時初めて、あんなに細くて長い尾根を歩くと知ったのでした


f0054366_15540518.jpg
その後ロープ場・鎖場なんて当たり前
必死でついて行きます

途中、大きな段差で濡れた木に足が滑りスネを強打
手が離れてしまって後ろに転倒…汗
後ろでmasaが支えてくれたので大事にいたりませんでしたが
危なかった!!

足だけで登ろうとしたらダメだって…
ちゃんと3点確保で安全を確認しながら登らなきゃ!!
とmasaから指導が入ります

はい。。。
いつもなら言う事を聞かない私ですが
今日は素直です(笑



登山道は数年手入れがされていないのでしょう
ハイ松の枝が伸び放題です
f0054366_15541266.jpg
ハイ松を掻き分けるなんて危険ではないので
もう大したことなく思えました(笑

f0054366_21340695.jpg
その後も攀じ登るかき分けるを何度か繰り返します


f0054366_21370966.jpg
向こうに大雪山が見えました
大変な山登りもこの景色でテンションアップ!!
やる気が出てきますね


f0054366_21354721.jpg
休憩、おにぎり食べてエネルギーチャージ
ここからが武利岳の核心へ突入です
頑張るぞ!!


f0054366_21395913.jpg
何気に置いてある8合目標識
なんだかオシャレに見えちゃいますが
ここからが武利岳の醍醐味、細尾根歩きの始まりです♪





整理が追いつかないので、今回はここまで
続きは№2へ・・・



また見てね♪


Commented by yamakawawalk at 2014-06-23 22:43
こんばんは。
待ってました~。

急登に細尾根って日高みたいですね~。
もう前半部分でかなり手強い山とわかります・・・。
んで、核心部はこの後なんですよね?
ヤバイですメッチャ登りた~い!

丸瀬布のキャンプ場の奥から登るんですよね?
昔魚釣りで武利川とか湧別川ってよく行ったんですよ~。
あの奥の山ですね。
いまなら高速でピヤっと行けちゃうし♪

続き早く~(笑
Commented by yukki6727 at 2014-06-23 23:01
yamakawawalkさん こんばんは♪

武利岳、楽しいですよ♪
是非登ってみてください

丸瀬布キャンプ場奥なんですが、あっちからだと前に昆虫館へ行った時は
「この先通行止め」の標識が出てたので確認した方がいいかもしれませんね。

続きは、ここからがハラハラでしたね~♪
今までで一番のスリルでしたよ

お楽しみに~♪ じらすよね~(笑
Commented by ka-ma-s at 2014-06-23 23:43
こんばんは。
躍動感ある登りの写真を見て目を疑いました。
yukkiさんやるな!と
テンションあがってもうてる~って感じですね(笑

ザックの色いいですね~
ハイドレーションは雨蓋から出すタイプなんですか?
登山靴もチラリと見えていい感じです
数人で登る山も楽しそうですね。

優しいmasaさんブラボー!

続きも楽しみにしてます
Commented by kyuujitunituki at 2014-06-24 07:53
yukki様、おはようございます。
カメラが先頭でないので、探検隊ではないですね~(笑
稜線で食事ができるということはそんなに気温低くなかったんですか?風は無い様に見えますが?
標識はホント助かりますし、花たちに癒されながら登って行くと
疲れも取れますよね。
パート2も楽しみにしてま~す。
Commented by yukki6727 at 2014-06-24 10:11
ka-ma-sさん こんにちは♪

目を疑うでしょ!?
もうね。自分でもこんな所を歩くようになるなんて
思ってもなかったので驚きですよ~(^。^)

ザックはマムートのクレオンライトなんですよ
軽くて涼しくて夏山には最高です♪
ハイドレーションは肩の辺りに穴が空いていてそこから
ホースを出せるようになっていますよ。

続き楽しみにしててくださいね♪
Commented by yukki6727 at 2014-06-24 10:18
kyuujitunitukiさん こんにちは♪

あはは♪ 探検隊にはなれませんでしたかwww
もっと胡散臭い行動をしないといけませんね(笑

気温は15度くらいだったでしょうか!?
動いてる分にはちょうどいいのですが
休憩時にはちょっと肌寒いくらいでしたよ

日頃は花にそんなに癒されるとまで感じないのですが
山の花は不思議ですね。めちゃくちゃ、ほっとします♪

パート2、写真整理がこれからなので気を長くして
待っててくださいね♪
by yukki6727 | 2014-06-23 22:16 |   L 北大雪 | Comments(6)